スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうなりゃ怒鳴り込みだ

例の老夫婦の件ですが、なかなか前に進まなくて焦ってました。
オレの就職先によっては、買い物同行支援が出来なくなるかもしれない。
自分とこのついでに、って形なので、仕方ないって言えばそれまでですが、止めてしまえば生活が破綻してしまう。
以前のようにタクシーを利用しての買い物をするにしても、タクシーを呼ぼうにも、奥さんは耳が遠くて電話するのが困難だし、ご主人も認知症で電話をすることが出来ない。
破綻が分かり切っているのに、見捨てるようなことは出来ない。

やっぱり、介護保険を申請してもらう他にない。

現状、オレも地域包括も息子さんの対応待ち。違うアプローチを考えなきゃ。

息子さんがダメなだけなんだ、違うアプローチがあるハズ。考えろ!


そっか、本人がすりゃいいんだ。旦那さんはともかく奥さんはクリアなんで、奥さんを福祉課介護保険窓口まで連れて行って、申請書類の署名欄だけでも書いて貰えばいい。旦那さんの分も奥さんが申請すれば問題ないだろう。

幸い、本日はハロワ来所日で講義は休み。地域包括に怒鳴り込みだ!

「ゴルァ!何をチンタラしとるんじゃ!ええ加減、本人を連れてって申請させろや!アンタらがモタモタしてると、オレが連れてって申請するぞ!」

サラシを巻いてドスを片手に(心の中では、です)いざ出かけようとした時にケータイに着信。
息子さんからでした。
地域包括に行って、申請の手続きをお願いしてきたとのこと。

なんということでしょう!(サザエさんボイスで)
寒々とささくれ立っていた心が、温かく穏やかな感情で満たされていくではありませんか。

地域包括には怒鳴り込まずにお礼を言いに出かける。
すでに書類の作成中で、ケアマネの依頼をして、すぐ暫定ケアプランを組んで早速週一のデイから始める予定ということらしい。
やっぱり、お試しデイを気に入ったっていうのが大きかったみたい。


長かった。。。。。
これで、万一奥さんの心臓病が再発し入院することになっても、旦那さんはショートステイを利用できるし、ヘルパーさんを投入することもできる。

無資格ソーシャルワーカーもどきの初案件としては、なんとか良い形になったと思います。
動かねぇ!って思っていた地域包括も動いてくれていたんだろうし、息子さんも介護保険制度について、自分でも調べられていた様子。やっぱり、一人で出来たわけじゃないんだよなぁ。

買い物同行支援は、曜日を変えたりして出来る限り続けていきたいと思ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム
愛の告白、寄付金の申し出、現場計算シートが欲しいなど、管理人=1円リハビリに物申したい人は、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。