スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場計算シート機能追加作戦1

今まではアッシュさんのパチンコ副収入のすすめから、いろんな数値を参照させていただいていたのですが、先日のジャンボラッシュは掲載されてなくて、他のサイトを見たものの、いわゆる基本スペックは掲載してあっても、トータル確率が無かったり、大当たり1回あたりの平均出玉が無かったり、電サポ率が無かったりと、自力で計算する必要性に迫られました。

ジャンボラッシュの場合は、トータル確率と平均連チャン率までは掲載サイトをググッて見つけることが出来たのですが、平均出玉と電サポ率が分かりません。

まずは平均出玉算出ツールを作ってみました。
18kaihatu2.jpg
8R=500個、15R=980個として、各大当たりの構成比率を%ではなく0.61みたいに入力していけば、

出玉1*構成比+出玉2*構成比……=平均出玉

ヘソ・電チューの大当たり振り分け比率が同じなら、ここまででOKです。電卓があれば楽勝ですね。
問題になるのは、今回のジャンボラッシュやライディーンのようなヘソと電チューでの振り分けが違う台です。
今回のジャンボラッシュは、平均連チャン回数を拾えたので、そこから算出してみました。

(ヘソ当平均出玉+(平均連チャン回数-1)*電チュー当平均出玉)/平均連チャン回数=コミコミの平均出玉

連チャン回数の最初の1回はヘソ当たりなので、平均連チャン回数から1を引いた残りが、電チュー大当たり分ということになります。これが銭形や肛門のような機種だと、ロング開放時で当たる可能性も考慮しないといけなくなるんですけどね。ここでは割愛してます。

あとは電サポ率を計算できれば、ジャンボラッシュの期待値が計算できるようになります。
うーん、どうやったらいいんだろう。。。。
まずは

状態A:電サポ中で高確率中
状態B:電サポ中で通常確率中
状態C:電サポ無しで高確率中
状態D:電サポ無しで通常確率中

それぞれの状態での滞在比率を求めればいいのかな?
状態Dは何も無い通常状態そのものなんで、1-(状態A+B+C)ですよね。
状態Cは潜伏確変ということで、1/89.75の大当たりを引いて、なおかつ18%の潜伏を引いた状態。滞在期間は最大8回転で、その間に確中確1/19.94で大当たりを引くと状態Aに移行する。
状態Aは大当たり直後の最大8回転までの継続。
状態Bは状態A=1/19.94*8で大当たりしなかった時であり、最大92回転継続する。通常確率での大当たり引き戻しも考慮しなきゃいけないのかぁ。。。。
どういう式を作ればいいんだろう。じっくり考えてみます。

んで、今回のジャンボラッシュは平均連チャン回数とトータル確率を参照することができましたが、この数値さえ不明なこともあるかと思います。この二つも自力で計算できるように頑張ってみたいですね。
スポンサーサイト

テーマ : パチンコ
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム
愛の告白、寄付金の申し出、現場計算シートが欲しいなど、管理人=1円リハビリに物申したい人は、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。