スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末企画 勝つ為のパチンコ方法論 その1

ほぼ毎日、日記を書くようにしてるんですが、稼働しない土日のネタ不足っていうのもあって、パチンコの勝ち方みたいなのを書いてみようと思います。
どっちかと言えば、このブログの読者さんって、勝っている人がほとんどみたいなので、読み飛ばし推奨です。
勝つ為の方法論を持っていても、体調不良やテレビを見るとかの「イチャモン」をつけて逃げ出すことも多いので、自分のルーツを再確認する意味で、書いてみようかと思います。

必勝法則 その1

とことん数字にこだわれ

アバウトな数字しか把握してない自分が言うのもアレなんですが、パチンコの場合、他のギャンブルと較べて数値化しやすいという特徴があります。ヘソの入賞率も千円あたり○○回転とか、大当たり確率、確変率などほとんど全て数値化できます。競馬だったら大変です。馬の調教具合、馬場の状態などパラメーターとして扱うのが難しすぎます。

つまり、パチンコは単純に確率のゲームにすぎません。同じように、確率が簡単に計算可能なギャンブルに宝くじがありますが、宝くじの場合25%のテラ銭を引かれた後に分配するし、技術介入は不可能です。1等1億円が出た売り場とかも、売り上げに応じて出現するだけで、クジ自体の確率が上がるわけでもありません。

しかし、パチンコは技術介入の余地があります。
その最大にして普遍的な技術が釘を読むということです。
各機種ごとの見るポイントみたいなのは、雑誌やサイトなどで簡単に見つかると思うので、それを参考にすればいいと思います。
釘なんて、いっぱいあって覚えられないし、分からないよ。
っていう人も多いかと思いますが、とにかく見るクセを付けてください。一番動くのが導入直後で、その後は動く釘は数本になるハズです。そのツボさえ覚えてしまえばカンタンです。
過去にオレ流 釘読みのコツで、取り上げてますんで、興味がある人は見てください。
オレが釘を覚えた頃は、ハネモノが全盛期だった頃なんで、デジパチ以上に釘を大きく動かしていたので、覚える側としてはラッキーでした。
玉の流れどおりに、大きく動かす遠い釘から見る
っていうのも、その頃の名残です。
そうやって釘を見るのも、一番回る台を探すためです。
スポンサーサイト

テーマ : パチンコ
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

変な時間に目が覚めてこんな時間のコメントになってしまいました^^;

スロットで言うところの設定のよる機械割りはパチンコで言うと、
釘調整をいかに読み切るかで確率の変化と出玉に差が出てきますからね。

本来であれば風営法上、実は釘とかっていじってはいけないのですけどね^^;
釘を読むにはそれなりに経験と漠然と打つだけじゃなくて、考える事が必要ですよね。
それができない(そもそもその発想がない)人が多いからホールの経営が成り立って
いるのが現状ですよね。
それは昔も今も変わらないと思いますが、最近は昔と比べて釘調整の下手なホール
多いのも時代の流れですかね…

昔の羽モノは釘調整次第で雲泥の差がありましたからね。
フィーバー台になってからは、ホール側の意識も変わりましたからね。
今後の時代ではどうなるのか…

応援ポチ×2ですー

Re: ナムウさま

昔は一発台やハネ物の調整だけで、デジパチは万年という店も多かったので
デジパチに関しては、昔より釘を動かしてくれているって印象です。
ホールコンの進化で、穴は少なくなりましたねぇ。。。。
ただ、右が甘い店とかは存在しますので
まだまだ、しっかり釘を見ることは大事だと思います。

まいど、応援ありがとうです。
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム
愛の告白、寄付金の申し出、現場計算シートが欲しいなど、管理人=1円リハビリに物申したい人は、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。